2018/7

 6月に発生した大阪北部地震で、ブロック塀が倒壊し女の子が亡くなるという
痛ましい事故が起き、その後、組立塀についての問い合せが殺到しています。

当社「万代塀」の法的根拠について、製品は「鉄筋コンクリート組立塀構成材」
JIS A5409の規格品であり、塀全体(基礎を含む)の安全性は建築基準法施行令
第87条「風圧力」及び第88条「地震力」に対して転倒しないことを確認する事により
担保された、建築基準法に準拠した塀です。

現在の日本工業規格は、昭和57年に大改正し、形状寸法は変わらずとも、
セメント量および鉄筋量を大幅に増やし、震度Ⅶの激震および瞬間風速 60m/sec の
大型台風にも安全であるよう設計されており、当社は、昭和35年にJIS規格表示許可工場に
なって以来今日まで日本工業規格認証取得工場(TC0308235)として万代塀(JIS A5409)を
製造しています。

また、全国組立塀工業会において、建築基準法に準拠した「基礎構造計算書」が作成され、
当社はこの基礎構造計算書に定めた、柱の種類毎の標準基礎寸法をカタログ・図面に採用し、
構成材を組建てる際には責任施工(ISO 9001:2015 認証取得)体制をとっています。

さらに、平成23年の東日本大震災以降は、柱とかさ木のジョイントに
「かさ木継手鉄筋」を採用し、大地震の際のかさ木落下防止措置を講じています。

以上のように、当社の「万代塀」は大地震に対しても安全である、
優れた商品ですので、安心して末永くお使い下さい。

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.045 sec. Powered by WordPress ME