2016/6

2016-06-01.JPG 横浜市 中区内 現場 
 
 土止め上建型 
 
  外部地上高 1,800mm 
 
  内部地上高 1,200mm 
 
 特殊施工

2016-06-02.JPG 
 
 
 
 橋脚建設に伴い、既存塀をセットバックすることになったこの現場では、敷地の内外高低差があるため、まずコンクリート擁壁を構築した後、擁壁上に万代塀を設置することになりました。

2016-06-03.JPG 
 土止め上建型の場合、通常の柱には腰掛柱を使用し、出隅・入隅部分には角柱に取付控柱を組み合わせて対応しますが、この現場では取付控柱を合体させることが出来ない状況であったため、角柱にステンレス製のパイプを貫通させ中空とした特注の柱を制作し、現場では擁壁上、柱の高さまで立ち上げた鉄筋にこの角柱を嵌め込み、パイプと鉄筋の隙間を充填し、擁壁と一体化させた角柱を組み立てました。 
 
 万代塀は標準の施工方法以外にも、この現場のように環境や施工条件等に合わせて様々なタイプをご提案させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.062 sec. Powered by WordPress ME