2020/10

2020-10-01.JPG 川崎市 川崎区内 現場 
 
 地上高さ H=1,800mm 補修工事

2020-10-02.JPG 
 既存塀が傾いている箇所の補修依頼を受けたこの現場では、塀の下部に現場打ちで腰コンクリートを打設しており、標準型より丈夫なはずであるにも拘らず、傾きが発生していました。 
 
 傾きが発生している箇所は、一度補修工事がなされた形跡があり、その際に地上高により定められている柱の長さよりも短い柱を用いたため、根入れ寸法が確保出来ず、かつ根固めコンクリートも不充分であり、塀に外力が加わった際に傾いてしまったことが判明し、今回は所定の根入れが確保できる柱に交換し、補修を施しました。

2020-10-03.JPG 
 
 
 
 万代塀の組立作業においては、まず地上高さに応じて定められた柱を正しく用い、かつ柱の種類により定められた寸法の根固めコンクリートを正確に現場打ちすることで、所要の強度が最大限に発揮できる製品です。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.049 sec. Powered by WordPress ME