2016/10

2016-10-01.JPG 静岡県 富士市内 現場
 
 擁壁上 H=1,520mm 
 
 各柱直柱 特別誂え仕様

2016-10-02.JPG 
 
 
 
 
 水が豊富な土地柄、隣の屋敷との間の水路沿いにはこれまでにも目隠し塀がありましたが、老朽化してきたため撤去し、水路の護岸を兼ねて擁壁を立ち上げた後、その上に万代塀を設置しました。

2016-10-03.JPG 
 
 
 
 
 敷地内に万代塀の控付柱が張り出すことを避けて欲しいとの要望から、擁壁上の柱の位置に直径200mm のスリーブを設け、そこに形状は同じですが、主筋を太くした(通常φ6mm-4本をD10mm-4本)特別誂えの直柱を建て込み施工しました。 
 
 特に遠隔地での施工の場合では、今回のように基礎を箱抜き(スリーブ抜き)で提供して頂くことにより、現場での工期の短縮が図れ、工事費の節減にもつながります。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.049 sec. Powered by WordPress ME