2016/9

2016-09-01.JPG 神奈川県 大和市内 現場 
 
 土止め上建型 H=1,820mm

2016-09-02.JPG 
 
 
 
 
 これまでも境界の役目を果たしていた、既存のブロック積みを壊すことなく、なるべく境界いっぱいに新たな塀を築きたいというご要望に対し、今回は腰掛柱を用いた土止め上建型の万代塀を提案しました。

2016-09-03.JPG 
 
 
 通常の腰掛柱は土に潜る柱部分の長さを 600mm 欠いた形状となっていますが、この現場では内部地盤より
ブロック積み高さ天端までの高さを考慮し、腰掛柱7番の柱部分の長さを 900mm 欠いた形状の腰掛柱6番を誂えました。(左の製品写真) 
 
 組立てた写真では判りませんが、腰掛柱は地面の中に約 600mm 埋め込まれており、かつ根固めコンクリートで柱をしっかりと固定してあります。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.111 sec. Powered by WordPress ME