2017/4

2017-04-01.JPG 東京都 港区内 現場 
 
 万代柵 H=1,820mm
 
 勾配施工

2017-04-02.jpg 
 
 
 この大寺院の現場には、今から39年前の昭和53年に当社で施工した万代柵があり、今回車輌自損事故によりその一部が破損してしまい、復旧工事となりました。 
 
 壊された構成材を観察すると、鉄筋に発錆は無く、その断面を調べても中性化は顕著に見られず、改めて万代柵には耐久性があることを認識できました。

2017-04-03.JPG 
 
 親柱(見付 120mm × 見込 90mm)と親柱の間(1800mm ピッチ)に、子柱(見付 90mm × 見込90mm)が7本入る、定番の万代柵の親柱・子柱の形状寸法は、まったく当時と変わりありませんが、かさ木の断面寸法のみが 幅 120mm × 高さ 75mmから 幅 136mm × 高さ 90mmに、現在は一回り大きくなっております。 
 
 当社のカタログやホームページに掲載している万代柵の構成材は、既に鋼製型枠が用意されており、ご注文に直ちに応じられますが、お時間を頂戴できるのであれば、お好みに応じて各構成材を製作することも出来ます。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.062 sec. Powered by WordPress ME