2013/2

2013-02-01.JPG 東京都 豊島区内 現場 
 
 土止め上建型 
 
 内部地盤上 H=1,220mm

2013-02.JPG 
 
 
 
 
 この現場は公道より内部地盤が1.1m程高く、間知石が積まれており、その上に1.2mの高さの万年塀がありましたが、経年劣化により今回同じ仕様での建て替えとなりました。

2013-02-03.JPG 
 
 
 土止め上建型の場合、既存の石積みの上に腰掛柱を建て込みますが、腰掛柱は通常の控付柱の土に潜る部分を欠いた形状になっており、石積みを壊すことなく柱を建てることが出来ます。 
 
 今回は板を入れる柱部分の長さを 1145mm控えが柱天端より 50mm下がった部分より始まる特別誂えの腰掛柱(左写真)となっております。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.047 sec. Powered by WordPress ME