2011/1

2011-01-01.JPG 横浜市 鶴見区内 現場   
 
 地上高さ H=1,800mm ~ H=2,100mm 
 
 下板2枚 幅木板(t=39mm)使用

2011-01-02.JPG 
 
 
 
 この現場は、道路の拡張工事に伴い従来の万代塀の位置をセットバックして、新たに万代塀を施工しました。 
 
 道路完成時には右写真の地盤が現況より約300mm高い位置となるため、板の下側2段に幅木(厚さ39mm)を使用し簡易土止めを兼ねています。

2011-01-03.JPG 
 
 H=2,400mm迄の万代塀の柱と柱の間隔は1スパン1,810mmが標準寸法ですが、この現場の写真をよく見ると、所々に短いスパンがみられるのは境界があるためであり、万代塀を越境させないため、標準寸法よりも短いスパンで施工しています。 
 
 この様な場合、万代塀は板とかさ木を切断加工することにより、その土地の形状に合わせて境界ぎりぎりに設置することが可能です。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.132 sec. Powered by WordPress ME