2017/1

2017-01-01.jpg 東京都 杉並区内 現場 
 
 地上高さ H=1,820mm 標準型 
 
 勾配施工

2017-01-02.jpg 
 
 
 
 
 広大な土地の一角にある駐車場と屋敷の境には、これまでも古い万年塀がありましたが、境界の位置が変更になったため、新たな境界上に万代塀を更新しました。

2017-01-03.jpg 
 
 
 
 直線距離 43m の端と端では地盤差が 1200mm あり、勾配施工を希望されました。 
 
 この現場のように、柱間1スパン(1820mm)で50mm程度下がる勾配であれば、板は柱の溝の遊びの範囲で収まるので、「柱」の建て込み間隔を縮め「板」「かさ木」を切断加工したりすることがなく、施工が出来ます。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.109 sec. Powered by WordPress ME