2021/9

2021-09-01.JPG 神奈川県 鎌倉市内 現場 
 
 土止め上建型 
 
 擁壁上 H=1,800mm

2021-09-02.JPG 
 
 
 この現場は、既存万代塀に車両が衝突し、破損した部分の交換補修です。 
 
 既存塀は擁壁の上に乗るような形で建てられており、この場合に用いる柱は通常の控付柱ではなく、控付柱の土に潜る柱部分を欠いた形状の「腰掛柱」を、既存擁壁の上に腰掛けるようにして建て込みます。

2021-09-03.JPG 
 
 
 
 腰掛柱は擁壁上H=2420mm(8尺)まで揃えており、その控部分は、控付柱と違い、抉りが無く、配筋量も多く丈夫に造られており、かつ土に潜る控部分の長さは、標準600mmですが、最長900mmまで伸ばしての製作ができます。

Next Page »

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.161 sec. Powered by WordPress ME