2016/1

2016-01-01.JPG 横浜市 金沢区内 現場
 
 地上高さ H=2,400mm ~ 3,000mm 
 
                           段差施工
 
 飾り板「四ッ菱」使用
 
 
 
 
 
 
 
2016-01-02.JPG 
 
 
 
 起伏に富んだ住宅地にあるこの現場では、狭隘道路を
 拡張するため既存万年塀を撤去し、公道側に土止めを
 施した後、セットバックした境界の敷地内に新たに
 万代塀を施工しました。
 
 内外高低差と公道よりの所要高さを維持するため、
 万代塀の柱は8番・9番・10番の控付柱を順に使用した
 段差施工とし、公道側の土止めとの隙間に土砂を
 充填することから下部3枚の板は幅木を用いてあります。
 
 2016-01-03.JPG 
 
 
 
 全ての上から2枚目の板に、飾り板である「四ッ菱」を
 嵌め込むことで、壁面にアクセントが付き、
 落ち着いた雰囲気を出しています。
 
 「四ッ菱」は裏表がない両面同じデザインですが、
 これは当社の得意分野であるプレキャスト コンクリートの
 製造技術により、レリーフ部分の厚さ24mm、
 菱の公差する幅22mm と極めて薄く細い、
 美しいデザインの飾り板を実現しています。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.067 sec. Powered by WordPress ME