2020/1

2020-01-01.jpg 茨城県 古河市内 現場 
 
 忍び返し交換補修

2020-01-02.jpg 
 
 鉄道の変電所を囲う万代塀 H=1800 には、かさ木上に忍び返しが張り巡らされていましたが経年劣化で錆が発生しており、今回は忍び返しの交換にあたり最上部の板とかさ木及び劣化が顕著な板の交換となりました。 
 
 当社では、東日本大震災後かさ木端部の形状をV字溝に変え、継手鉄筋を用いて柱とかさ木を固定する耐震工法を採用しているため、かさ木のジョイント部分に忍び返しのアングルを埋め込むこれまでの取付方法が出来ず、柱の裏側に忍び返しアングルをアンカーで固定する工法としました。

2020-01-03.jpg 
 
 
 
 
 忍び返しは等辺山形鋼を外忍び用に折り曲げ加工したうえで、溶融亜鉛メッキを施してあり、有刺鉄線はステンレス製で3線張りとなっています。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.055 sec. Powered by WordPress ME