2014/3

2014-03-01.JPG 神奈川県 大和市内 現場 
 
 地上高さ H=1,200mm 標準型

2014-03-02.JPG 
 
 
 この現場には45年前より万年塀が建てられていましたが、経年劣化と2月の度重なる大雪の際に、6m近く高さのある倉庫の屋根に積もった雪が落下した衝撃で、万年塀を損傷してしまいました。 
 
 既存の万年塀の高さは1,800mm(6尺)ありましたが、今回は隣地のフェンスに合わせ、高さを1,200mm(4尺)と低くしました。

2014-03-03.JPG 
 
 
 
 万代塀は日本工業規格で鉄筋コンクリート組立塀構成材(JIS A5409)として規定されていますが、1982年にこれまでの強度を見直し、構成材の耐久性・信頼性等の性能向上を図るためJIS規格が大幅に変更になっており、それ以前に建てられた塀については、建て替えを推奨いたします。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.046 sec. Powered by WordPress ME