2010/7

2010-07-01.JPG 東京都 小金井市内 現場  
 
 地上高さ H=2,100mm~2,700mm 

2010-07-02.JPG 
 
 
 
 
 この現場には、擁壁の裏側に高さH=2,100mmの万年塀が建っていましたが(写真下)、根固めコンクリート量が少なかったうえに、長年のうちの地盤沈下によって塀が傾いてきてしまったため、今回、撤去・新設しました。 
 
 万代塀の基礎寸法は、構造計算に基づき各種類毎に標準寸法が定められています。 
 
 今回は地盤が軟弱であることから砕石を使用し、そのうえで根固めコンクリートを現場打ちしました。

2010-07-03.JPG 
 
 
 隣地側より見ると、高さ1mの擁壁上に万代塀を施工することとなり、かつ反対側は、建物との距離が短く狭い空間となりますが(写真上)、当社の熟練した作業員で あれば 重機等を使用することなく、組み立てることが出来ます。 
 
 なお、万代塀の高さを揃えるため、擁壁のない箇所にはH=2,700mm(9尺)用の柱を使用して対応しています。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.049 sec. Powered by WordPress ME