2012/5

2012-05-01.JPG 茨城県 下妻市内 現場
 
 高尺万代塀 地上高 H=3,600mm(12番)
 
 巾木板1枚 山形かさ木 使用
 
 
 
 
 
 
 
2012-05-02.JPG 
 
 
 
 この現場は公共施設で、以前より外周に地上高H=3,600
 
 mmの組立塀がありましたが、経年劣化のため、
 
 今回同じ高さの「高尺万代塀」で建て替えられました。
 
 万代塀を施工するとき通常は、柱に控えが付いている方を、
 
 施主側(敷地内側)に向けて建て込みますが、
 
 この現場では控えを通常とは逆の外部に向けて
 
 建て込んであります。
 
2012-05-03.JPG
 
 
 JIS A5409「鉄筋コンクリート組立塀構成材」の規格では、
 
 柱の種類は高さ3m用の10番(L=3,560mm)が
 
 最長ですが、当社では更に高い地上高4.2mまで
 
 対応可能な「高尺万代塀」用の控付柱を用意しております。
 

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.050 sec. Powered by WordPress ME