2017/6

2017-06-01.JPG 相模原市 中央区内  現場 
 
 地上高さ H=1,800mm

2017-06-02.JPG 
 
 
 この現場は、大型車輌が道路を曲がる際に、既存塀の隅切り箇所を破損してしまった復旧工事です。 
 
 敷地の直角にあたる部分を隅と言いますが、そこを切り取った形で塀を設置する場合に使用する柱を、「隅切柱『すみきりはしら』」若しくは「鈍角柱『どんかくはしら』」と呼んでおります。

2017-06-03.JPG 
 
 
 
 万代塀の柱には、通常用いる控付柱・直柱の他に、役物柱として隅柱=角柱(90°対応用)・隅切柱=鈍角柱(135° 対応用)・止柱(片溝のみ)の三種類があり、それぞれ地上高さ別に取り揃えております。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.054 sec. Powered by WordPress ME