2005/8

改修後・外側より 神奈川県 大和市内 現場 
 
 既存擁壁上 H=1,500mm 
 
       各柱特別誂え直柱 
 
       (主筋D10mm-4本入り)使用

改修前 
 
 
 右写真のように、ここには以前から万代塀がありましたが老朽化のため、既存塀を撤去後、新たに万代塀を設置いたしました。 
 
 下写真のようにこの現場は、内側地盤が外側に比べ著しく低く、擁壁を設けその中に万代塀が設置されており、擁壁を極力傷付けることなく既存塀を解体し新設いたしました。

改修後・内部より 
 
 
 既存の擁壁の中に控付柱が据え付けられないため、新設の万代塀の柱は全て直柱を特別に(主筋D10mm-4本入り)誂えました。 
 
 H=1,500mmの高さの万代塀は、控付柱と直柱を交互使用とし、直柱は(主筋φ6mm-4本入り)が標準型となってります。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.049 sec. Powered by WordPress ME