2014/5

2014-05-01.JPG 東京都 荒川区内 現場 
 
 外部地上高さ H=2,400mm
 
 下部 H=600mm 土止め兼用型
 
 
 
 
 
 
 
 
2014-05-02.JPG 
 
 
 
 この現場は、外部の道路と内部の地盤に高低差が
 
 あるため、まず低い方の道路地盤を基準に控付柱8番を
 
 建て込み、つぎに腰コンクリートを現場にて600mm
 
 ほど打設し、その後に板を1スパンあたり6枚設置し、
 
 土止め兼用型の万代塀としました。
 
 
 
 
2014-05-03.JPG 
 敷地内部の一部花壇とした箇所の板には、幅木(通常の板
 
 の厚さは30mm、幅木は39mm と厚く、配筋の量も違い
 
 ます)を用いることで、簡易土止め構造にもなっています。
 
 
 このように、内外高低差がある場所に万代塀を設ける場合
 
 には、用途や環境に応じ様々な工法がありますので、
 
 お気軽にお問い合わせ願います。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.049 sec. Powered by WordPress ME