2007/11

施主様側 神奈川県 大和市内 現場 
 
 地上高さ H=1,800mm 
 
      控付柱 「りゃんこ」建て

隣地側 
 
 
 
 この現場では、隣地境界沿いに植栽を施し境の代わりにしておりましが、今回、境界を明確にさせたいとのご要望で、万代塀を施工いたしました。

2007-11-03.JPG 
 
 万代塀地上高さH=1,800mmの標準型は控付柱と柱を交互に建て込みますが、この現場のように隣地境界線上に万代塀を施工する場合、控付柱の控え部分を当地と隣地に向きを変えて「りゃんこ」に建て込むことがあります。 
 
 控付柱を「りゃんこ」に建て込むと、上写真のように4スパンに1本の割合でしか控付柱が見えませんが、実際には左写真のように柱と控付柱が交互に建て込まれています。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.049 sec. Powered by WordPress ME