2015/11

2015-11-01.JPG 神奈川県 高座郡 寒川町内 現場 
 
 内部地上高 H=1,800mm 
 
 土止め上建型

2015-11-02.JPG 
 
 
 
 由緒ある神社の駐車場を整備するにあたり、万代塀が採用されました。 
 
 隣地高低差が600mm 程度あることから、事前にブロック積みにて土止め壁を構築したうえで、腰掛柱6番を用い万代塀を施工しました。

2015-11-03.JPG 
 
 
 腰掛型の場合、通常最下段の板には240巾の板を使用しますが、今回は内側に土盛りをし、植栽が予定されているため、土圧を考慮し最下段には幅木(厚さ39mm)を使い、その上部に240巾の板を入れてあります。 
 
 また、最上段の板は、飾り板の一種である「四ッ菱」を採用することにより、神社境内の雰囲気を格調高く漂わせています。

[Copyright (C) 1999-2006 MANDAI SYOUKAI CORPORATION] HTML convert time: 0.113 sec. Powered by WordPress ME